サイトトップ > サイトマップまで放置

尿酸値を下げるサプリランキングは

尿酸値とアルコールや嗜好飲料について

 

ビールはプリン体があるので尿酸値が高いと影響がありますが、それ以外のお酒なら大丈夫なのかとうか知りたいという方は多いです。結論からいうとどんなアルコール飲料でも尿酸値は高まります。エタノールの代謝によって尿酸値を高めてしまいますので、プリン体の有無に関係なくアルコールは尿酸値が高い際にはオススメできません。

 

もちろん、ビールに多く含有されているプリン体に関しては尿酸値を高める作用が他のアルコールより強いのでよりオススメできません。とにかく尿酸値を気にする方はアルコール全般を避けるようにしましょう。

 

そもそも、アルコールは尿酸値を高める原因の一つとされています。高尿酸血症の患者さんはプリン体の多いビール以外なら大丈夫だと思われていますが、ビール以外のアルコールでも飲酒の量が増えることに比例して尿酸値も上昇していくということがわかっています。

 

基本的に飲むことをオススメしませんが、それでも飲みたいという場合は日本痛風・核酸代謝学会の高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインで定められている飲酒量を守るようにしましょう。飲酒量の詳細は日本酒1合、ビール500ml、ウイスキーダブル1杯約60mlのどれかになります。

 

また、週2以上の禁酒日を作ることもガイドラインに記載されております。また、アルコール以外にも肥満の解消であったり、食事療法、適度な有酸素運動、ストレス解消などのような生活習慣の改善をすることで尿酸値を改善させるようにしましょう。

尿酸値は激しい運動でも上がる

 

痛風の方は沢山食べて、激しい運動をしているというイメージがあります。なるべく良くしたいという意味で激しい運動をしているという方が多いですが、実際に激しい運動というのは尿酸値を高めてしまう恐れがあります。

 

しかしながら運動がダメということではなく、基本的に運動は痛風にはもちろんいいものです。ただ、限度があり激しい運動をしてしまうと尿酸値が高まってしまって痛風発作が引き起こされてしまう可能性がありますので適度な運動を心がけましょう。

 

しかし、そもそもどうして激しい運動が尿酸値を高めるのか疑問に思っているはずですのでその点についてまず説明します。もし、今まで運動を全くしていない状態で急に激しい運動をした場合、体内の臓器の新陳代謝が活発化して尿酸が増えます。

 

もちろん尿酸値も一気に高まりますので、痛風の方は痛風発作を起こしやすくなるということになります。さらに大量の発汗によって腎臓に負担がかかりますので、その点でも尿酸値が上昇します。さらに普段尿酸値は排泄されますが筋肉疲労による乳酸の発生によって尿酸排出も抑制させてしまいます。

 

このように急に激しい運動をすることで尿酸値が高まる要素が重なりますので注意が必要になります。ただ、これを聞いて運動しない方がいいのではないかと思う方も少なくありませんが、運動はした方がいいのは間違いありません。きちんと適度な運動を心がけるということが大切ですし、また無酸素運動ではなく有酸素運動をすることをオススメします。